社員の努力を見逃さない七呂建設

七呂建設は、「七呂組」として昭和35年に創業した長い歴史をもつ会社です。
創業当初は、型枠工事を主に行っていましたが、その後、注文住宅事業に切り替えたようです。
長年、工事に携わってきた実績を残していることもあり、その知識や技術が注文住宅事業にも生かされ成長を続けているようです。

●鹿児島から全国、海外へと展開を目指す

七呂建設は、独自な発想で画期的な家づくりを提案してきました。
他のハウスメーカーには実現することができない、お客さんのニーズに応えたこだわりの家を追求しているといいます。
家づくりに対するニーズは幅広く求められますが、七呂建設では、お客さんに最適な家づくりを提案できるとして、全国的にも知名度を高めています。
七呂建設は鹿児島を中心として事業を展開していますが、そのエリアをどんどん拡大しており、海外への展開も目指しているようで、今後の成長・発展が期待されるハウスメーカーといえるでしょう。
どんな家づくりを提案すればお客さんに喜んでもらえるかと、スタッフが常に考えているそうです。
鹿児島での知名度は高く、地元の方は、家づくりを検討する際は、まず七呂建設に相談することを考えるという声もあります。
実際に、店舗やモデルハウスに多くの方が訪れているようで、地元から愛され信頼されている会社といえるでしょう。

●社員の努力に適した待遇を用意し育てる

成長が期待される七呂建設では、さらなる会社の成長を目指して、共に成長する人材を求めているようです。
七呂建設では、スタッフの努力や頑張りを決して見逃さずに、それだけの待遇もしっかりと用意しているのだとか。
また、宅地建物取引士や1・2級建築士などの資格を取得している方は、優れた技術を有したスタッフとして働いてもらうために、資格手当が用意されているようです。
営業職に対しては、ガソリン代や車両手当として交通費も支給されるようです。
さらに、社会保険の完備や携帯電話の貸与、勤続3年以上は退職金支給、社員食堂の設置など、福利厚生もかなり充実しているようです。
加えて、事業所内には社員のお子さんを預かる保育園も設置されているということで、子育て中のママ社員は安心して仕事に専念することができるといいます。

●充実した教育制度

入社後の1カ月は、仕事を覚えるための研修が行われますが、その他にも、研修が年に数回行われるなど、しっかりと教育が受けられるようです。
このように、教育制度が充実しているので、社員は自分の知識やスキルを着実に高めていくことができるといいます。
七呂建設は、これからも社員にとって働きやすい職場となるように努力し、社員の能力向上をサポートしていくことでしょう。